コンパニオンがおすすめ!コンパニオンバード

カナリアは雄雌の判別ができるようになるまで時間がかかるので、ショップで見かける頃にはすでに人間を警戒しています。人間の手を借りずには生活できなくなった時、若いうちに手乗りになって懐いてくれたので、天命を全うした時も私の手の中にいました。我が家の小さな家族!先輩同様にこの子も長生きしてくれると信じています。

コチラですっ!

2017年02月20日 ランキング上位商品↑

コンパニオン コンパニオンバードコンパニオンバード(no.25) [ コンパニオンバード編集部 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ページ最後の方の、フォージング特集は大変勉強になる記事です。荒鳥は捕まえるのも一苦労、人間の手に対する警戒心を解かないといけません。今号の特集は「シニアな鳥さんの健康管理」、今の愛鳥カナリアの前の先輩カナリアは12年を超える長寿で、老年期に白内障をはじめ、足が思うように動かせずに頭掻きができなくなり、眠る時間も多くなって最後は動けなくなりました。(画像の小鳥たちは、コンパニオンバードと同じ誠文堂新光社さんから出版されている話題のぽんぽんレシピ本を参考に作ってみました)。それと、白黒ページの「食餌制限のススメ!!」は大切です。少し前までは好きな餌がなくなると!他の餌は残っているのに大声で鳴いて催促していましたが!毎日決めた分量の混合餌しか与えないようにしたところ!嫌いな餌も食べるようになって体重も増えなくなりました。でも、怪我の功名というのでしょうか、今の子も先輩も2羽とも呼吸器疾患による長期治療中に手乗りになりました。長生きしてほしいです。手乗りになる練習は一切していないのに、手を警戒されずに老鳥さんのお手伝いができたのは本当に良かったと思っています。今号には「シニアになる前に投薬の練習をしましょう」というページがあったり、役立つ情報がたくさんあるのですが、全般的に手乗りさんたちを基準に書かれているのが気になります。もしも、荒鳥さんがうちの子たちのように病気になってしまったら、捕まえることを怖がらず、保定したらすぐに目線を愛鳥に合わせ、頭を撫でて愛鳥とお話ししてみて下さい。鳥さんも高齢化問題がありますので!参考になりました。飼主さんと鳥さんが少しリラックスしてから投薬すると結構素直に飲んでくれますし、結果として、投薬時のコミュニケーションがお互いの信頼に繋がったと思うのです。うちの子たちは大病中も食欲旺盛だったので!1年を超える闘病にも耐えて完治しましたが!その分メタボで獣医さんに脂肪肝が心配だと言われ!只今ダイエット中です。